不動産投資 9/29(水) ZUU online共催「会社員・公務員に選ばれる少額不動産投資とは?」

月々1万円から老後に備える
“年金対策”と”生命保険”が同時に叶う
会社員・公務員に選ばれる「少額不動産投資」とは?

 
<当セミナーが選ばれる理由>
●月々1万円からしっかり年金対策できる資産形成術を伝授!
●会社員・公務員ならでは!信用力を活かした投資手法がわかる
●万が一のとき生命保険として活用できる不動産投資の仕組みを解説

講師プロフィール

写真:講師株式会社アセットリード 田口晋也

宅地建物取引士/証券外務員/不動産投資アドバイザー 株式会社アセットリード 田口晋也

経歴
アセットリード営業部史上最年少で管理職に就任。
幅広い知識と商品でお客様のご要望に応えたいという思いで証券外務員資格と宅建士の資格を取得。
証券外務員と宅建士の両方の視点から、これまで1,000名以上のお客様に最適なライフプランのコンサルティングを行っている。
「不動産以外の知識と視点を持ち合わせており、安心して資産運用の相談ができる」と好評。


【株式会社アセットリード】
販売棟数160棟、管理戸数3300戸、賃貸稼働率97%を誇るデベロッパー(2020年3月時点)。
デベロッパーとしてデザイン、クオリティ、セキュリティ、エコロジーにこだわり、長期的に資産価値の高い物件を開発。
グループ力を生かし、賃貸ニーズの情報を蓄積していく事で、入居者様からも選ばれる物件になっている。

内容

人生100年時代のいま、ゆとりあるセカンドライフを送るためには
現役世代のうちに、自助努力で年金対策を始めることが重要です。
そんな中、リタイア後に向けた資産形成の手段として、
「少額不動産投資」に注目が集まっていることをご存知でしょうか。

不動産投資には大金がかかると思われがちですが、
実は、月々1万円からコツコツと始められます。
“年金対策”しながら、“生命保険”や“がん保険”の代わりにもなるため
20〜40代の方々を中心に、いま不動産投資が選ばれています。

特に会社員や公務員の方は
その“信用力”を活かせるため、不動産投資を始める上では有利です。
20〜40代のうちに不動産投資を始めることで、
50歳、60歳から取り組むのに比べ、数千万円もの費用を抑えられる場合があります。
また、iDeCoや個人年金保険などで対策している方も、
不動産投資と併用することで、効率的に年金対策を図ることができます。

本セミナーでは、累計1,000名以上の相談実績を持つ資産形成のプロが登壇。
会社員・公務員が知っておきたい不動産投資の正しい知識や、
株式や投資信託との違い、少額投資でしっかり年金対策ができる理由まで解説します。

「まずは少額から年金対策を始めたい」
「本業を続けながら無理なく運用したい」
「年金対策だけではなく、生命保険・がん保険も検討している」
そんな考えをお持ちの方は、ぜひ本セミナーに参加し疑問点をお気軽にご相談ください。

※講演内容は当日変更となる可能性もございます。ご了承ください。

このような方にお勧めです

年金対策の始め方がわからない、会社員・公務員の方

iDeCoや個人年金保険を運用している、始めようとしている方

新しい家族が増えて生命保険・がん保険を検討している方

今の生活を楽しみながら、無理なく資産形成をしたい方

老後のお金の対策を何もしておらず、将来が不安な方

長期的な視野で、堅実な資産形成を考えている方

あまり自己資金をかけずに資産形成を始めたい方

開催概要

日時
2021年09月29日(水)18:30~19:30
会場
オンラインセミナー(Zoomで開催)
参加費
無料
講師
株式会社アセットリード 田口晋也

会場詳細

会場
オンラインセミナー(Zoomで開催)

MEDIA