生命保険効果(団体信用生命保険)

団体信用生命保険とは?

体信用生命保険

不動産取得においてローンを利用する場合には、団体信用生命保険を利用することができます。 団体信用生命保険は、ローン返済中に被保険者が万が一死亡したり、高度障害になった場合、本人に代わって生命保険会社がローン残高を支払います。またご家族には、ローンの支払いが終わった不動産が残ります。そのため、万一という場合に備えることができる生命保険代わりとして、その機能を果たすことができます。

様ざまな保険の見直し

団体信用生命保険は、ローン残高が保険金という考え方もある一方、不動産(現物資産)そのものも受け取ることができるため、正確に資産価値がいくらかと評価がはっきりしているわけではありませんが、購入金額を一つの尺度とし、例えば2000万で購入していたなら「2000万円の保険」に加入しているとみることが可能です。 2000万円の死亡保険に加入するとなると、毎月支払う保険料の負担は大きいものとなりますし、保険商品は常に改定されており時代やライフプランにあわせて頻繁に見直しを行わなくてはならないという商品特性をよく理解しておく必要があります。これは、保険を見直す上で、大きなメリットになるということになるのではないでしょうか。 資産形成は、それぞれのライフイベントによっても必要となる資金が変わってきますが、少なすぎるのも困りものですが、無闇に多くの保険に加入し過ぎるのも、それだけ多く保険料を支払うことになるのですから、この際に見直されることもおすすめしています。

私的年金効果