COMPANY会社概要

CORPORATE GOVERNANCEコーポレートガバナンス

企業活動の健全性・透明性を
高める仕組みを構築する

アセットリードはすべてのステークホルダーからの信頼に応えるため、コーポレートガバナンスを企業運営の重要課題と認識し、法令・定款及び社内規定を遵守した公正かつ健全な企業活動を行うための体制強化に取り組んでいます。
経営の健全性と透明性を高めるために、監査役や内部監査室の設置を通じてコーポレートガバナンスを実践しています。

コーポレート・ガバナンス体制

取締役会

取締役会は、取締役5名・執行役員3名・監査役2名で構成され、経営上の重要な業務執行の意思決定を行うと共に、各取締役および各執行役員の業務執行状況の監督を行います。
取締役会は、原則として毎月開催し、各取締役および各執行役員が担当する業務執行状況を報告すると共に、取締役間および執行役員間で最新の経営情報について、意見交換を行います。
取締役会は、経営の透明性の確保、意思決定の迅速化、経営の効率性の向上を図るために充分な協議を行い、健全で透明な経営管理体制の構築に努めてまいります。

監査役

監査役には、常勤監査役と社外監査役(弁護士)の計2名が就任し、特にコンプライアンスを重視した監査を実施しています。
監査役は、監査基準、監査の方針、監査の方法に従って監査を実施します。
監査役は、取締役会等重要な会議に出席のほか、重要書類の閲覧、及び実施調査等を行うことにより、監査を実施します。

内部監査室

内部監査室は、他の部署からの独立性を保障するため、社長直属の独立部署として設置されています。
内部監査室による定期・不定期の社内監査を行うことによって、不正の防止のみならず業務の改善を行い、併せて、コンプライアンスの向上を図る機能をも果たします。