不動産投資ガイド

老後資金の備え年金だけで大丈夫ですか?

金融庁が2019年6月3日に公表した「高齢社会における資産形成・管理」の内容が話題になっています。
収入を年金のみに頼る無職世帯のモデルケースでは、月々の年金などの収入から生活費を差し引くと毎月5万円の不足(赤字)が生じる。今後20~30年で1300万円~2000万円の資金が必要になるという主旨の内容でした。

「年金だけでは老後を乗り越えられない?」
「自分で2000万円貯めなくてはならないの?」
といった不安が広がっています。

老後資金2000万円の備えの重要性

退職した後は家計の収入が減ってしまうのが普通です。
老後資金がいくら必要になるかについては個人差があるため、現役時代の消費支出がその後も続くとは限らないのです。

年金の本質は「保険」ととらえ、自身の資産形成を前向きに考えたうえでの取り組みが重要になっていきます。生涯計画を立てて不足する年金に備えましょう。

その際、不安定やリスクのある投資では意味がありません。安心と低リスクを求める方には「不動産投資での年金対策」をおすすめします。
こちらでは不動産投資のメリットを紹介します。

私的年金効果
誰もが抱く将来の不安。受給年齢の引き上げや受給額の引き下げなど、深い憤りを感じる厳しい現実があります。
老後の支出と収入の差を把握し、今からの備えが重要になります。長期的で安定した収入を得られる対策をしていきましょう。

詳しく見る

生命保険効果
不動産ローンを利用する場合、大半が団体信用生命保険に加入することになります。ローン返済中に被保険者が万が一死亡したり、高度障害になった場合、本人に代わって生命保険会社がローン残高を支払います。万一という場合に備えることができる生命保険として万一という場合に備えることができる生命保険として、その機能を果たすことができます。

詳しく見る


相続対策
相続税は相続財産に対してかかってくる税金です。
建物・さらに賃貸は相続税の評価の引き下げが可能なので、相続税を抑えながら資産形成を行うことができます。
また、賃貸不動産は相続争い対策にも有効と言われています。

詳しく見る


インフレ対策
インフレターゲットを2%と掲げるわが国において、物価上昇は必至です。物価上昇局面において現金資産は目減り傾向であるため、長期的な資産運用を考えるなら、大切なのは安定性。不動産は、物価上昇局面において連動して賃料も上昇するので、インフレに強いと言われています。

詳しく見る

アセットリードではファイナンシャルプランナーの立ち位置で、
皆さまの資産形成を全力でサポートさせていただきます。