不動産投資 アセットビジネス大学「投資の本質を『資本論』と『金持ち父さん』から学ぶ」

~アセットビジネス大学 とは~
時代は『人生100年時代』、『仕事人生50年時代』へ。
生き方や働き方が大きく変化を続ける時代を迎えました。
 
ビジネスパーソンにとって、1分野のスキルだけで仕事人生を
継続できる時代は終わり、様々に変化するビジネスに対応できる
教養を学び直す必要性が求められる時代となります。
 
働き方改革でも重要施策とされている『リカレント教育(再教育)』は、
『時代の変化に伴い急速に変化する社会に適応していくためには、
教育を人生の初期だけで終わりにせず、生涯にわたり続けていくことが
重要である』ことを提唱したものです。
 
社会人になっても不断に教育が求められ、生涯学習がスタンダードとなり、
その場が隅々に根付くことでしょう。
 
アセットリードはこの社会の流れを先取りし、ビジネス大学を開講します。
社内外のビジネスパーソンの知的向上心に多少でも答え、経済・経営・社会情勢・
歴史・科学の分野を中心に、注目を集める書籍や情報トピックスを取り上げ、
一緒に学習するプラットフォームの提供に努めます。

講師プロフィール

株式会社アセットリード 取締役会長 飯塚良治

オリックス信託銀行(現オリックス銀行)元常務。投資用不動産ローンのパイオニア。
現在、数社のコンサルタント顧問と社員のビジネス教育・教養セミナー講師として活躍中。

経歴
1970年 北海道大学経済学部卒
1994年 日本住宅金融株式会社にて業務本部副本部長に就任
1996年 オリックス株式会社入社
2005年 オリックス信託銀行(現オリックス銀行)常務取締役に就任
2008年 同行退任
2008年 株式会社アセットリードの取締役会長に就任

内容

「投資の本質を『資本論(トマ・ピケティ)』と『金持ち父さん(ロバート・キヨサキ)』から学ぶ」

フランスの経済学者トマ・ピケティの「21世紀の資本」は、2014年に英訳が発売されて欧米で発行部数100万部を突破し、経済学専門書としては異例のミリオンセラーに。日本でも2015年発売で20万部を超える売れ行きとなった。
一方、個人ファイナンス関連書籍で前代未聞の世界的ベストセラーになったロバート・キヨサキの「金持ち父さん貧乏父さん」は、2000年に発売されてから世界で3000万部、日本でも350万部が読まれ、21世紀の世界や日本の個人の不動産投資ブームを作った。
「21世紀の資本論」ではからずも実証されたのは「金持ち父さん貧乏父さん」の現実であり、そのファイナンシャルインテリジェンスである。2つのベストセラーから資産家への道を読み解こう。

【カリキュラム】

(1)トマ・ピケティが実証したこと r>g
・過去の実績から読み取ると、いつの時代も資産を持っている人が有利であること。
・今後もその格差は広がると予測されている。
・予測したピケティにもこれを解決させるような策はない。
・これからの時代、資産運用が不可欠。何もしないことがリスク。少しずつでも始めることが大事

(2)ロバート・キヨサキの「金持ち父さん貧乏父さん」の教訓
・金持ち父さんと貧乏父さんの教えの比較。
・無知が一番ダメ。お金の流れを勉強しよう。
・自分の為に収益を生んでくれる仕組みをつくろう。
・金持ちはさらに金持ち、貧乏人はずっとそのまま。
・今の仕事を続けながら、ビジネス=資産を持つこと。
・一歩踏み出す勇気、まず小さな資産から始めてそこから大きな未来が開けてくる。

※セミナー内容は予告なく変更になる可能性があります。予めご了承ください。

開催概要

日時
2019年10月23日(水)19:00~20:30
会場
株式会社アセットリード セミナールーム
住所
東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル9F(地図はこちら
定員
15名
参加費
無料

会場詳細

会場
株式会社アセットリード セミナールーム
住所
東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル9F

MEDIA