開発戦略

資産価値の高い物件を開発し、お客様に最大限の満足を

私たちアセットリードは、デザイン、クオリティ、セキュリティ、エコロジーにこだわった資産価値の高い物件を開発し、お客様に最大限の満足を提供します。
これはアセットリードグループが掲げる企業理念の一節です。アセットリードのご提案に共鳴していただきご購入していただく以上、物件の開発に妥協はできません。お客様には最大限の満足を提供しなくてはならないと真剣に考えております。
一方で、お客様にご購入いただく不動産は投資用であるためご入居いただく方へも最大限の満足を提供する必要があります。 これら両方のお客様にご満足いただくため、企業理念に掲げ、こだわりを持って物件の開発を続けています。

デザイン

アセットリードの物件は「いわゆるデザイナーズ物件」ではありません。また、そのようなデザイナーズ物件を目指してはいません。 スタンスとしては、『良質で上質なデザイン』を心掛けております。
これは、長期的に資産価値を維持でき、収益機会をより長期間確保できる物件をデザインすることが私たちの使命と考えているためです。
斬新なデザインで注目を集める物件も中にはあります。しかし時代の移り変わりでこういった物件はニーズがなくなっていくケースも多くあります。『良質で上質なデザイン』は時代の変化にぶれることなく価値のあるものだと考えます。
ここを求める続けることで、将来的にもオーナー様のご満足につなげていけるものと確信しております。
ぜひ一度、私たちが開発した物件をご覧いただければうれしく思います。

物件のイメージ

クオリティ

クオリティに関しては、いわゆるハイグレードマンションを供給しています。設備・仕様はハイクオリティを追求し、タイル張りの外壁、重厚なエントランスなど高級感あふれるデザインを採用しています。物件の資産価値を長期に維持出来ること、賃貸ニーズにマッチした設備・仕様であることが長期的にオーナー様にとっての価値となりますので、クオリティにはこだわって物件の開発に取り組んでいます。
また、耐震性に関しては建築確認機関の厳格なチェックを経ておりますので十分な耐震性を備えた物件となっております。さらには、販売物件の中からサンプリングを行い地震PML*を取得しましたが、ひとつの安全基準とされている15%を超えるものはなく、十分な耐震性の証明がなされました。
*地震リスクに対する不動産の資産価値を表す指標として使われるのが 、 PML (Probable Maximum Loss:予想最大損失率)という指標です。

基礎構造(アースドリル拡底抗工法)、かぶり厚概念図、外壁の構造概念図、二重床と二重天井概念図

エアコン標準装備、浴室換気暖房乾燥機、ウォシュレット、24時間換気機能などホルムアルデヒド対策、その他ブロードバンドやジェットバス、浄水器一体型シャワー水栓など、物件に応じて様ざまに快適性を追求しています。

※写真・イラストはイメージです。※物件により仕様や設備が異なります。物件のパンフレットなどで詳細をご覧いただけます。

セキュリティ

セキュリティのイメージセキュリティの高い物件は、入居者を募集するにあたり必須条件となっています。特にアセットリードの管理物件は女性の入居者も多く、この点は特に重要なものと考えております。 下にあるようなセキュリティ対策はほぼすべての物件で採用しております。もちろんオートロックは標準仕様となっており、その結果、これまで管理を行っている自社物件ではピッキング等による空き巣などなく安全な居住を提供しております。

ディンプル錠×2ロック*、TVモニター付オートロック、鎌デッド錠、防犯カメラ、スイッチ式サムターン、耐震ドアガード、カバー付ドアスコープ、耐震ドア枠概念図 イメージ

※写真・イラストはイメージです。※物件により仕様や設備が異なります。物件のパンフレットなどで詳細をご覧いただけます。
*イラストは美和ロックの錠前です。

エコロジー

環境をイメージで語るのではなく、論理的な技術、データをもとに環境へ配慮された不動産の開発を行うことがアセットリードの使命だと考えております。特に都市のヒートアイランド対策に注力しております。

クールアイランドタイル

外壁に「美濃焼クール・アイランド・タイル」を採用し、当社が目指す「環境配慮型投資マンション」を実現しています。また現在、他の環境配慮技術とのアライアンスも検討しており、さらなる当社商品としての「環境配慮型投資マンションパッケージング」を推進していきます。このクールアイランドタイルの建築への応用技術においてアセットリードグループは特許申請中であり、現在特許申請を受理されております。

クールアイランドタイル概念図

屋上緑化事業

アセットリードは環境へ配慮し、自社開発物件の屋上緑化を進めています。屋上緑化は雨を保水し、コンクリートに熱を溜めないため、ヒートアイランド現象の抑制に効果があります。さらに、高い断熱効果によって建物全体の急激な温度変化を防ぐため、夏は涼しく冬は暖かい住環境を実現し、空調の電力消費量の削減が期待できます。

上に戻る