レジデンシャル投資の6大メリット

生命保険効果

団体信用生命保険

不動産取得においてローンを利用する場合には、団体信用生命保険を利用することになります。また現在、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)による住宅ローン「フラット35」などはこの保険の加入は任意とされていますが、利用者のほとんどが加入しているとされ、また不動産ローンの大半が、この団体信用生命保険加入を条件としています。

団体信用生命保険は、ローン返済中に被保険者が万が一死亡したり、高度障害になった場合、本人に代わって生命保険会社がローン残高を支払います。またご家族には、ローンの支払いが終わった不動産が残ります。そのため、万一という場合に備えることができる生命保険として、その機能を果たすことができます。

団体信用生命保険

様ざまな保険の見直し

団体信用生命保険は、不動産(資産)そのものでもあるため、正確に資産価値がいくらかと評価がはっきりしているわけではありませんが、購入金額を一つの尺度とし、例えば2000万で購入していたなら「2000万円の保険」に加入しているとみることが可能です。
これは、保険を見直す上で、大きなメリットになるということになるのではないでしょうか。
資産形成は、何も増やすばかりが資産形成ではなく、キャッシュフローのアウトインをきっちり把握し、余分な経費を抑えることも立派な運用です。お子様の年齢によって、必要となる資金も変わってきますが、少なすぎるのも困りものですが、多すぎるのもそれだけ多く保険料を支払っていることになるのですから、保険の管理もこの際に見直されることもおすすめしています。

上に戻る